成績ap講師たちから高校生の君へおくるブログ

カテゴリー:ap-blog

語句の難しさ

最近、AO対策などの小論文の添削指導などをする際に、語句の解説が難しくて困る場面に遭遇します。


内容が難しいというだけでなく、最近の課題文は、特殊な用語が文の中の出てくるのです。

もともと英語の表現を日本語に訳した結果出てくる表現は、大人にとってはある程度見聞きしたことのある表現だと思いますが、高校生には少し荷が重い場合があります。

先日は「~の文脈の中に置く」という表現に生徒は苦戦しました。この「文脈」は英語のcontextの和訳ですが、この英単語の意味は「文脈」の他に「前後関係、脈絡、状況、背景」など様々な意味を持ちます。「文脈」というよりは「状況・背景」と訳した方が意味を掴みやすかったようです。

逆に、「私的な」という日本語がよくわかっていないようです。「公共」という語が文中に出てくるので、それと対立する関係を表していますが、「公共」はわかっても「私的」がわからない場合が意外にも多く、「プライベート」の方が生徒には一般的な言葉のようです。


さらに、法律用語も混じってきました。最近、ニュースなどでも法律用語だったものが口語として使われるようになり、覚えなくてはならない日本語が増えています。

今回は「担保する」という言葉が出てきました。「補償する」というわかりやすい言葉に直さず、あえて原文のまま「~を担保する」という表現が注釈無しに載っていました。そういえばNHKのニュースでも「文言(もんごん)」などの法律用語を平気で使っています。日常の言葉として普及したため、ニュースでの使用に踏み切ったのでしょう。


こういった言葉を身につけないと日常のニュースでさえ理解できないわけですから、現代用語の基礎知識は大事です。逆に言えば、このように新しい言葉が増えてきたために、基本的な日本語の知識が一部欠落してしまうのかもしれません。

実際、味わいのある言葉の多くは、もはや口語ではなくなっており、何らかの文章を読まないと出会うことができなくなってしまいました。国語の力をつけるには本を読むことが大事だと言われていますが、その言い分にも一理ありますね。

 

なんてことをぼんやりと考えた2016「読書の」秋でした。

【大学受験推薦合格情報 多摩高校】 中央大学法学部、北里大学獣医学部・・・MARCHに行くのは簡単??

こんにちは!

成績Ap帆足です。

 

一昨日から、4日連続の朝からテニス3日目で

心はすっきりしているのですが、

 

こんなに動いているのにお腹に肉がつくんですよー

40代まではこんなことなかったんです。

 

食べる量が減っても肉がついて動けるので、

自分の体を『プリウス』って呼んでます(笑)!

 

 我武者羅宣言

 

 

さて、今日は、川崎にある多摩高校から

中央大学法学部に行くことになるH君から聞いた、

今年の指定校推薦・AO公募推薦の途中経過です。

 

 

以下、H君談

 

『早慶の人気の学部(慶應商学部、早稲田商学部、慶應法学部など)は、

評定平均4.7以上は必要だと思います。

こちらは余ることなく、ほぼ全部埋まりました。

 

 

しかし、MARCH(明治大・青山学院・立教大・中央大・法政大)だったら

各大学一学部ずつぐらいは余っています。

ということは、学部を選ばなければ

評定平均4.0以上あれば合格できるということです。

 

 

高校側からは、推薦に対して、これを上手に使おうなどとかいった

働きかけはありませんでしたが、学年集会で全体の前で詳しい話がありました。

 

今の大学入試は、学校成績もしっかり取って推薦も狙っていくのが正解だと思いました。』

 

 

 

そうなんですよ。

 

いつもこの時期になると、頑張って成績を取った生徒たちは、

素晴らしいプレゼントをもらうんです。

 

 

 

☆推薦で希望大学に合格するメリット

 

志願理由や小論対策をやることで、自分の将来の未来設計図がしっかりと確定し、

大学に入ってからも勉強をしっかりやる可能性が高い。

 

また、受験勉強が早く終わるのでTOEICなど、

大学に入ってから必要な勉強に取り組めます。

 

 

成績Apでは、推薦で合格進学した卒業生たちに

 

「大学の授業はどうだ?しっかりとついていけているかな?」と質問をします。

 

すると多くの卒業生から

 

「先生、心配だったのですが大丈夫です。一般受験で合格した友達は、勉強しないんですよー。」

という答えが返ってきます。

 

 

また、高3の12月以降の予備校費用がいりませんし、

受験費用も3万5千円×6校+滑り止めの大学の入学金20万円=41万円くらいがいらなくなります。

 

精神的にも、経済的にも優しい受験なんです。

 

 

以下、成績ApからのAO・公募推薦合格者&指定校推薦学内選考通過者です。

 

鎌倉高校→横浜市大医学部看護学科

生田高校→慶應義塾大学理工学部

西湘高校→上智大学理工学部

秦野高校→上智大学理工学部

秦野高校→立教大学文学部

江南高校→立教大学文学部

平沼高校→立教大学法学部

海老名高校→青山学院大学経営学部

海老名高校→青山学院大学経済学部

多摩高校→中央大学法学部

秦野高校→中央大学理工学部

神奈川総合産業高校→日本大学理工学部

多摩高校→北里大学獣医学部

 

IMG_0526

 

 

厚木西高校→専修大学経営学部

西湘高校→専修大学経営学部

藤沢西高校→工学院大学工学部

足柄高校→工学院大学情報学部

伊勢原高校→産能大学現代ビジネス

向上高校→神奈川工科大学

東海大相模高校→東海大学体育学部

茅ヶ崎高校→玉川大学法学部

旭ヶ丘高校→日本文化大学法学部

厚木西高校→東海大学文学部

深沢高校→鶴見女子短期大学部

 

 


 

 

昨年度、一昨年度の進学実績は、

http://t3-win.com/pass-record.html

授業を受けられる教室一覧です。

http://t3-win.com/link.html

また、ネット家庭教師生も数名募集してます。

 


 

画期的サービスはじめました!

数学・化学・物理のわからない問題、

あなたのためのわかる授業を作成します!

https://coconala.com/services/156751?pos=1

 


 

 

AO・公募推薦の対策でお困りの方も、合格に向け、個別に対応可能です。

大学受験に関するご相談がありましたら、お問い合わせください。

0120-62-4714【浪人しないよ!】

状況をお聞きし、丁寧にお答えいたします。

高校3年生の10月に、GMARCHへ進学が決まった話

今年も指定校推薦やAO入試で、ぞくぞくと進路が決まっています。

その中で、指定校推薦でGMARCHへの進学が内定した生徒の話をします。

 

 

平塚江南高校に通っているNさんは、部活が18時半まであったので、毎回塾に来るのが20時になってしまってました(授業開始は19時)。遅刻はしましたが、休むことなくコツコツと授業を進めていました。1年次の評定平均は3点台だったが、2年3年と徐々に成績をあげ、最終的に指定校が取れる基準の4.0を大幅に超える成績を取ることが出来ました。Nさんに塾での様子、後輩へのアドバイスを教えてもらいました。

 

 

Q.塾に入ったのはいつ?

 

A.中3から継続して、そのまま高等部に通っていました。

 

 

Q.塾と部活との両立はどうだった?

 

A.授業の開始の19時には間に合わず、毎回20時になってしまいましたが、終わりまで2時間しかないと自分に言い聞かせ集中してやってました。また、映像授業なので、授業の時間に遅れても気にすることなく自分のペースで進められました。

 

 

Q.定期テストに向けての取り組み方はどうでしたか?

 

A.1年生の最初のテストは、1週間前からテスト勉強を始めましたが全然時間が足りなかった。なので次からは2週間前から毎日自習に来るようにして勉強をスタートさせました。暗記科目を早めに取り組んで、直前では最終確認程度になるよう心がけました。塾でもらった対策プリントはとても役立ちました。

 

 

Q.分からない問題があった時はどうしてた?

 

A.2年生までは数学を頻繁に質問してました。今はラインで質問出来る体制が整っているので、その当時にあったらもっと質問していたと思います。

 

 

Q.後輩たちにむけてアドバイスをお願いします。

 

A.1・2年生はテストでの科目数が多くて大変だろうけど、ちょっと頑張って点数を取り、成績を上げることで、3年生になってから推薦等の選択肢が広がるから、しっかりやっておくのがいいと思います。

 

 

コンクールや発表会の前はさらに部活が大変だったけど、いつも頑張ってたね。

高校1・2年生たちや、これから高校に進学する中学3年生のみんなも、Nさんのアドバイスを胸に頑張ってこう!

高校生のみんなへ送る新着記事

成績Ap講師紹介

ブログを更新している成績Apの講師たちを紹介します

現役高校生のための『成績Ap』 のスタッフ5名(武田・岡村・齋藤・長澤・帆足)が曜日持ち回りで当ブログを日々更新。

曜日ごとに担当が変わります

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%数学担当帆足先生

帆足 二郎先生
数学担当

高校生専門塾成績Ap代表。
若者に厳しい世の中、そんな状況に負けない覇気あるやつを育てたい!!

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%英語担当 長澤D大輔

長澤 大輔先生
英語担当

系統だった英文法はわかりやすいと好評。淡々とした口調にも厳しさがにじみ、生徒の心を離さない。

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%英語担当齋藤一憲先生

齋藤 一憲先生
英語担当

歯切れの良い講義と物言いで飽きない授業に定評あり。カラフル板書とハイテンションでやる気アップ!

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%現代文・古文担当武田先生

武田 奈未先生
古典担当

源氏物語と徒然草をこよなく愛する古典学者。漢文にも精通。「古くを知りたいならまずは文法!」が持論

現役高校生応援塾 成績Ap

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%

神奈川県の海沿いの二宮に本部を持つ『高校生応援個別学習システム成績Ap』の公式ブログです。

学校成績を上げるため、35種類あるすべての学校英語教科書に対応する授業を展開しています。

成績を上げたい高校生と保護者の方。

高等部を立ち上げたい学習塾の方。

いろいろな方の役にたちたいと、日々頑張っています。

特に、学習塾を運営している方、初期投資0円、リスクなしで高校部を立ち上げることができるので、
0120-62-4714(浪人しないよ!)
長澤・齋藤・岡村・帆足まで連絡ください。