成績ap講師たちから高校生の君へおくるブログ

カテゴリー:大学受験を目指す君へ

受験はお子様と保護者の方にとって絆を深めるイベント

こんにちは、齋藤です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

秋の気配もすっかりと深まり、冬はすぐそこまで来ている感じがします。

 

 

さて、そんな季節の深まりとともに、

「受験」も本番の季節を迎えます。

 

 

公立高校入試までおよそ、あと100日(11月8日現在)!

高校入試突破へ向けた保護者会や説明会が開かれています。

 

 

 

 

そんな中、我々も提携校さんから

 

「高校部を運営する立場から、受験を迎える保護者や

生徒へ向けて直接メッセージを送って欲しい」

 

とご依頼いただき、あちこちで登壇させていただいております。

 

 

 

私も土曜日、日曜日に4か所ほどでお話を

させていただきましたのでその内容と様子を少しお話します。

 

 

 

 

お話しした内容のひとつめは

 

『現代の子どもを取り巻く環境は、

我々の時代のそれとは異なっている』

 

ということ。そう、少子化、社会の多様化などですね。

 

 

 

 

そして次は、

 

『少子化、社会の多様化などが

周囲の環境が異なれば、

世の中の価値観も変わっています』

 

というお話で、具体的には、大学全入時代、そして就職率、

離職率、幸せの定義の変化です。

 

「よい高校、よい大学へ入れば、よい会社に就職出来て、

幸せな人生が待っている。」という、

終身雇用制、年功序列型が主流の世の中ではない。

 

 

 

 

最後に、

 

『幸せの定義は難しく「正解」を

見つける事はほぼ不可能ですが、

考えれば考えるだけ

「答え」が見つかるはず』

 

受験というイベントは幸せを見つけるための一つのきっかけと考え、

お子さんと一緒に乗り越えていってほしい。

 

と、いうお話をさせていただきました。

 

 

 

 

講演終了後には、保護者の方々から、

「今日は帰って子供と膝を詰めて話し合ってみます。」

「子供にどう話を振ればよいのか、ヒントをもらいました。」

などの感想を沢山いただき、とても嬉しく感じました。

 

 

 

 

なぜ、こんな話を高校受験の説明会の場で保護者の方にするのか?

 

それは、高校受験はあくまで通過点であり、

保護者の方は子供の将来を長期的な視野で考えてほしいからです。

 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

視線を落とすと、目の前の模擬テストの結果、

合格判定の数値などに気持ちは行きがちに・・・

 

 

でも、目線を少し上げていただいて、

「受験はお子様と保護者にとって絆を深めるためのイベント」

そう思ってお子さんに接してみてはいかがでしょうか。

 

あくしゅ2

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

■□■ 2つのスペシャルイベントのお知らせ ■□■

~高校生から刺激を受けたい方へ~

高校生を応援するつもりが、いつも逆にパワーをもらえる・・・

今年最後の発表会&スペシャルLive!

①【第5回Ap高校生夢発表会&Canonライブ】

 

高校生が本気で未来設計図を発表します!

 

→詳しくはこちらのページへ

 

 

 

②【塾経営者の皆様 必見! 地域密着塾活性化セミナーのご案内】

 

WEBとクチコミだけで年間200件以上の問合せを獲得!!
年内に次年度満席になる運営の明利学舎には理由があります!


セミナー講師に、風雲塾 明利学舎 代表 鈴木明男先生をお招きした、神奈川初の風雲塾の開催です!

 

→ 詳しくはこちらのページへ

 

 

【保護者の皆さんに伝えたい】 高校生の学習行動に格差が。 改善には学習習慣と意欲が高まる「場」が大切です。

こんにちは、成績Ap 英語担当の斉藤です。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

高校生、中学3年生のお子様をお持ちの保護者の皆様に
ぜひ、お読みいただきたい調査結果がありました。

 

 

大学入試センター研究開発部が実施した調査によると、

 

○中堅校の生徒の学習時間と、進学校の生徒の学習時間と大きな開きがあること。

 

○中堅校の生徒は、

・指定校推薦による進学を狙う場合、定期テストに関しては勉強する。

・一般入試狙いは、高校三年生になって、エンジンを掛け始める

という、

 

「さぼることが出来ない試験」が接近しないと、
学習に時間を割こうとしない。

 

ということが浮き彫りになりました。

 

 高校生

 

 

 

学習に時間を割こうとしない中堅校の生徒の
学習時間をテコ入れする場合、

 

ひとつは、

「高校前半期に、いかに学習習慣をつけるか」。

 

もうひとつは、

「学習意欲高まるような場を、いかに作るか」

 

の2つがポイントになります。

 

 

 

「高校前半期に、いかに学習習慣をつけるか」

 

さすがに高校三年生になると学習時間は増えますが、
1年生の3学期時点でほとんど勉強をしていかなった中堅校の生徒は、
3年生の1学期になっても毎日1時間程度しか学習せず、

 

 

逆に、1年生3学期に1時間でも学習する時間を習慣づけていた生徒は、
3年生の1学期で毎日2時間は勉強できるようになるなど、

 

“学習習慣はその後に大きな影響”

 

が出てきますので、学習時間を増やすのに習慣化は欠かせません。

 

 成長グラフ

 

 

 

「学習意欲高まるような場を、いかに作るか」

 

同級生の学ぶ姿に刺激を受けながら・・
友人と勉強会を開いて学習する・・

学習には仲間がいるからこそ、取り組めるという側面があります。

 

 

進学校では生徒の多くが国立大学を目指し、5教科の学習を進めるので状況が多く、
互いのモチベーションを上げる先のような「場」が生まれやすい。

 

 

ですが、中堅校の生徒の場合、昨今の入試の多様化によって、
受験教科や入試方法が友人と一致しなくなっていて個別に
対策をしているという現状があり、

進学校の生徒とは明らかに状況が異なりますので、
中堅校で「場」が出来にくいのは生徒達ばかりに原因があるわけでもありませんので、「場」を作るのも容易ではなさそうです。

 

 

 

憂鬱 高校生

 

このような状況を鑑みると、現在進んでいる大学入試改革は、これからの
時代を生きる若者たちのための改革でしょうが、学習から遠ざかっている
高校生の現状を十分理解せず、進められてしまっているように見えてしまいますね。

 

 

 

ちなみに私たち、成績Apには、

「高校前半期に、いかに学習習慣をつけるか」
「学習意欲高まるような場を、いかに作るか」

まさに、この2つを補うことができる学習環境があります。

 

 がっつ

 

高校に入って部活が忙しくなってしまったり、
学校の授業についていけなくなりそうでも、

 

高校授業、学習進度に合わせた授業!
部活で忙しくても自分に合わせて学習できる!
理解できるまで何度も授業が受けられる!

学習環境なので、コツコツ続けてゆくことで必ず成果に結びつき、
それが継続できる学習習慣を育んでいます。

 

 

また、学習意欲の高い同級生達に刺激を受けたり、
応援してくれる講師やチューターがいますので、
頑張れる「場」があります。

 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

中堅校の場合、学習をめぐる刺激は学内でも低く、
学外の友人から受けているという分析結果もあるほど。

 

 

保護者の皆様、お子様の学習習慣・環境の質を
真剣に考えてみてはいかがでしょうか?

「本気の取り組みが掴んだ夢」 ある高校生の話

こんにちは、成績Ap 代表の帆足です。

 

これから数回は、沢山の出会いの中で
特に印象に残っている生徒のお話をします。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


これから自分の人生や夢、将来に向って
羽ばたきたい高校生や高校生のお子様を持つ保護者の方に、
ぜひ、読んでいただきたいとおもいます。

 

 

「生徒は信じるもんだよ。」

そう教えてくれた、その子の名前はS君。

 

 

中学校のとき数学・理科を教えてたのですが、
これがまた、散々裏切られました(笑)

 

 

しょっちゅう宿題を忘れてくるので、

「S、帰り残ってやっていけ!!」

って言うんだけど、俺の目を盗んで帰っちゃうんですよ。
これが…

 

 落ち込む

 


そんな感じで中学校の提出物も出さないから、
当然、成績も最悪!

そんなこんなで、進学した先は、
志望校よりはるかに下の高校に・・・

 

 


でも、高校進学前、Apでは「高校準備講座」
をやるんだけど、S君は、
それにはちゃんと来てくれました。

 

 


その最初の授業の帰り、
授業後、いつもすぐにいなくなっちゃう彼が、

「先生、ちょっと話があるんだけど…」


って残ってる。 俺は、心の中で、今日でやめる。って言うのかな??

って思ってた。

 

 

そしたら、S君が

「先生たち、中2くらいからずっと『頑張れ』って言ってくれたよね。
でも、俺は逃げ回ってきた。だから、今の高校になっちゃった。
今、初めて悔しいって思ってる。
3年後、絶対に上の高校の奴に負けない大学に行こうと思う。」

と話し始めました。

 

それに対して、

「お、えらいね!Sは、能力はあるのに全然活かせなかったから、
しっかり頑張っていこう」

って言いながらも、これまで散々裏切られてきたので、
申し訳ないけど、 いつまで続くんだろう…って思ったんだ。

 

 

でも、S君、本気だったんだよ。

 

 ガッツ

 

高校生になっても高2まで成績Apを続けてくれ、
高3では予備校に通い、結局…

 

 

明治大学現役合格!!
いやー、たいしたもんだ。

 

 


夢をかなえれるかどうかは、
どれくらい本気で取り組めるのか、
その度合いで全く結果は変わってきます。

 

皆さんは手に入れたい夢や達成したい将来がありますよね?
それを実現するために、
今、アクションを起こていますか?

願うだけでは叶いません。
どれだけ真剣に取り組むか、です。


大切な自分の人生なので、良く考えて行動に移してくださいね。

高校生のみんなへ送る新着記事

成績Ap講師紹介

ブログを更新している成績Apの講師たちを紹介します

現役高校生のための『成績Ap』 のスタッフ5名(武田・岡村・齋藤・長澤・帆足)が曜日持ち回りで当ブログを日々更新。

曜日ごとに担当が変わります

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%数学担当帆足先生

帆足 二郎先生
数学担当

高校生専門塾成績Ap代表。
若者に厳しい世の中、そんな状況に負けない覇気あるやつを育てたい!!

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%英語担当 長澤D大輔

長澤 大輔先生
英語担当

系統だった英文法はわかりやすいと好評。淡々とした口調にも厳しさがにじみ、生徒の心を離さない。

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%英語担当齋藤一憲先生

齋藤 一憲先生
英語担当

歯切れの良い講義と物言いで飽きない授業に定評あり。カラフル板書とハイテンションでやる気アップ!

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%現代文・古文担当武田先生

武田 奈未先生
古典担当

源氏物語と徒然草をこよなく愛する古典学者。漢文にも精通。「古くを知りたいならまずは文法!」が持論

現役高校生応援塾 成績Ap

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%

神奈川県の海沿いの二宮に本部を持つ『高校生応援個別学習システム成績Ap』の公式ブログです。

学校成績を上げるため、35種類あるすべての学校英語教科書に対応する授業を展開しています。

成績を上げたい高校生と保護者の方。

高等部を立ち上げたい学習塾の方。

いろいろな方の役にたちたいと、日々頑張っています。

特に、学習塾を運営している方、初期投資0円、リスクなしで高校部を立ち上げることができるので、
0120-62-4714(浪人しないよ!)
長澤・齋藤・岡村・帆足まで連絡ください。