成績ap講師たちから高校生の君へおくるブログ

カテゴリー:武田先生

徒然なるままに・・・「強さ」の形・・・

こんにちは、武田です。

少し前の「節目」のお話の続きを書きたいと思います。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

父が市長選に出るという手紙を受け取った武田は、
春休みに帰省することになります。
正直、半信半疑のまま実家に帰りました。

 

 

父は既に、3月末で退職の準備を進めているところでした。 
退職してから、地域の会合に出席するため、
政策ビラや父の略歴が書かれリーフレットなど、
様々見慣れないものが、 武田家に集結していました。

 

 

その様子に父の決意と母の

決心を知ることになるのです。 

 

 

母は、「普通が一番よ」そういうタイプの人でした。

 

 

だから、そんな母が、普通とは言い難い父の決意を

受け入れたことにビックリしていました。

 

 

父と母は普段と変わらぬ生活をしていて、
姉だけいつも通り何かに不機嫌で・・・(でも妹の私には優しいのです。)

 

 

いつもの我が家でした。「変わらない」そう確信して春休みを終え、
大学に戻りました。

 

 

大学生活をそれなりに楽しみながら過ごしていた私には、
実家での変化は何一つとして伝わってきませんでした。

 

 

だから、何も考えずに夏をむかえ、愕然とするのです。
自分以外の変化に。

 

 

まず、いつも最寄駅(車で1時間)まで
必ず迎えに来てくれていた父の姿は無く、
その代わりにやけに痩せてきつい顔立ちになった姉の姿がありました。

 

 

車で、地元に近づくにつれて、いたる所で父の顔を目にするのです。
かなりぎこちない笑顔の父のポスターです。これが二つ目。

 

 

そして、連れて行かれたのは自宅ではなく、選挙事務所でした。
これが三つめです。

 

 

 

翌日からこの事務所の手伝いをすることになります。
最初は、電話番から始まり、

次に自分の同級生への講演会参加のお願い電話に変わり、
最後の1週間は街宣車に乗り込み声をからすことになっていきます。

 

 

本当に何もわかっていませんでしたね。
こんなにも選挙には利害が絡むことを。

 

 

全てがそうだとは思いませんが、小さな町のことです。
どこかで必ず繋がっている。

 

 

その街で生きていく限り、ずっとその繋がりが続くことを、
私は気付いていませんでした。
気付けなかった武田は、様々失っていくのです。

 

 

そして、投票日前日、選挙事務所は祖母の家のすぐ近くだったため、
その日は姉と祖母と3人で父の最後の街頭演説を待ちました。
その時の光景を私は今でも忘れません。

 

 

母を伴った父が戻ってきたときのことです。
今まで何十年と父の影に隠れ、決して表に出ることのなかった母が その日、
初めて人前でマイクを握り、声を限りに父への投票を訴えていました。

 

 

声を震わせ、精一杯の「お願い」でした。
私も姉もそんな母の姿は一度も見たことがありませんでした。
二人とも涙が止まりませんでした。

 

 

本当の意味で、

「母の芯の強さ」を見た気をがしました。


信じた人のために「尽くす」

母の「強さ」の形でしょうか。

 

 

人の「強さ」の形は様々なことに気がつきました。
ただ、それを「いつ」「どこで」形にできるかで
その人の真価が問われるのかも知れません。

 

 

私たち姉妹は、このほんの一時期に
両親の「強さ」を感じられたのではないかと思います。

 

 

親になったことがないので、子どもの立場からすると、
とても「幸せ」な経験だったのかとも思います。

 

 

それも、20年以上経ち、振り返ることができる
自分になったからなのかもしれませんね。

 

 

二十歳の武田は気付くどころか、その日の夜、
親戚から投げつけられた一言で、
勝手に一人で落ち込むことになるのです。

 

 

「落選したら、大学はやめることになるかもしれないから、
そのつもりをしておきなさい。」

 

 

長くなったので、続きは来週にします。
重たい話題にお付き合いいただき、
ありがとうございます。

 

手をつなぐ

徒然なるままに・・・笑顔のプレゼント

こんにちは、武田です。

今回は、ちょっとうれしいことのお話です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

その日は、JR南武線沿線の教室で授業の日でした。

 

 

やはり、週も終わりに差し掛かると、

かなり疲れてきて帰りの電車は、

本を読みながら寝てしまうこともあります・・・。

結構残念な私がそこにいます(苦笑)

 

 

その日は運よくずっと座って帰れる電車だったので、

いつものように本を読み始めようとすると、

隣に5歳くらいの かわいい女の子がお母さんと座ってきました。

 

 

とても日本語の上手なその女の子は、

ニコニコしながら ずっと、

武田に話しかけてくるのです。

 

 

扇子で手品も見せてくれました。 お母さんは、

少し申し訳なさそうに微笑んでいましたが。

疲れていました。本当に。

 

 

でもなぜか、ずっとその女の子のおしゃべりに

付き合ってしまったんですよね。

登戸~本厚木・・・。

 

 

なぜなのか、残りの2駅考えたところ・・

 

 

 

あの笑顔にやられたんだと思います。

やっぱり良いですよね。笑顔。

 

 

「笑」の文字自体が

「わらってる」ように見えませんか?

 

 

そして、自分を振り返りました。

日々「笑顔」で人に接してるかなぁ・・・と。

 

 

「子ども」だからとか「大人」だからではなく、

笑顔の力ってあるんですよね。きっと。

 

 

誰かを元気にしたり、優しい気持ちにさせたり。

そのことを、この女の子から教えてもらったような気がします。

 

 

「笑顔」をもって誰かに接する。

 

 

忘れないようにしようと思いました。

 

笑う犬

徒然なるままに・・・後悔先に立たず・・・

こんにちは、武田です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

人が、人に、物事を伝える。

授業やセミナー、書籍など、いろいろな方法がありまが、

今日は、「伝える」ということについて述べてみます。

 

あるセミナーを受けた時、

「見せ方」「内容の可視化」

の必要性を改めて感じました。

 

 

どんなに良い授業をしていても、それがわかるのは内輪だけ。

私が経験した塾業界はそんな内向きな感じの世界でした。

 

 

言葉は悪いかもしれませんが、自己満足な感じですね。

外への発信があまり得意ではないのです。

 

 

ただ、発信しなければ伝わりませんよね。

「良い」と思っているのは、自分たちだけなんだから。

 

 

好きな人に「好き」って言わないと

振り向いてももらえないのと 何ら変わらないかもしれません。

 

 

伝える方法として、「実績・数字」や「具体的な講座内容」を

チラシや内装・外装を使って 外に「見せる」。

それもちゃんと「見せ方」を考えて。

 

 

掲示物の種類・色遣い・言葉の使い方様々工夫ができるのです。

でも、その当時はできてなかったですよね。正直なところ。

 

 

それができる立場にいたのに、

気付かずに時を過ごしてしまっていました。

 

武田が集団塾で塾長と呼ばれていたころ、

60人~80人の間を行き来するくらい生徒がいたころ、

「知ってもらうこと」の重要性を今くらい認識できていたら、

もっと、違う今があったかもしれないなぁ・・・。

なんて考えさせられました。

 

 

同時に、出来なかった「以前」を悔やんでも、

何も良いことはないので、今のこの立場でできることを

やっていく人になることを考えようとも思いました。

 

 

「反省しても後悔しない」

 

これは、武田が「テスト後」の生徒たちに

よく掛ける言葉です。今はその言葉を自分に向けています。

 

 

人よりちょっと先に「知る」、そして人よりちょっと早く

「動く」 それは、何かを手にいれることにおいては、

全てに通じるかも知れません。

仕事にも、勉強にも、恋愛にも、友人関係にも・・・。

 

 

そう考えるとお互い、

「ちょっと先」に、

「ちょっと早く」を

実践できる人でありたいですよね。

 

ばんざい

高校生のみんなへ送る新着記事

成績Ap講師紹介

ブログを更新している成績Apの講師たちを紹介します

現役高校生のための『成績Ap』 のスタッフ5名(武田・岡村・齋藤・長澤・帆足)が曜日持ち回りで当ブログを日々更新。

曜日ごとに担当が変わります

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%数学担当帆足先生

帆足 二郎先生
数学担当

高校生専門塾成績Ap代表。
若者に厳しい世の中、そんな状況に負けない覇気あるやつを育てたい!!

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%英語担当 長澤D大輔

長澤 大輔先生
英語担当

系統だった英文法はわかりやすいと好評。淡々とした口調にも厳しさがにじみ、生徒の心を離さない。

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%英語担当齋藤一憲先生

齋藤 一憲先生
英語担当

歯切れの良い講義と物言いで飽きない授業に定評あり。カラフル板書とハイテンションでやる気アップ!

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%現代文・古文担当武田先生

武田 奈未先生
古典担当

源氏物語と徒然草をこよなく愛する古典学者。漢文にも精通。「古くを知りたいならまずは文法!」が持論

現役高校生応援塾 成績Ap

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%

神奈川県の海沿いの二宮に本部を持つ『高校生応援個別学習システム成績Ap』の公式ブログです。

学校成績を上げるため、35種類あるすべての学校英語教科書に対応する授業を展開しています。

成績を上げたい高校生と保護者の方。

高等部を立ち上げたい学習塾の方。

いろいろな方の役にたちたいと、日々頑張っています。

特に、学習塾を運営している方、初期投資0円、リスクなしで高校部を立ち上げることができるので、
0120-62-4714(浪人しないよ!)
長澤・齋藤・岡村・帆足まで連絡ください。