成績ap講師たちから高校生の君へおくるブログ

カテゴリー:Apヒストリー=長澤

Apヒストリー185

こんばんは。Apシステムの長澤です。 先日、隣の部屋に住んでいるご夫婦と階段の踊り場で偶然お会いしました。お互いに「こんにちは~」と挨拶を交わしてすれ違います。 「???」お隣の奥さんてあんなに髪長かったっけ? でも確かに顔は隣の奥さんです。つまりそれだけの間お隣さんと顔を合わせていないってことですね。向こうもそう思ってるんでしょうけど(笑) 長澤の住んでいる賃貸マンションは基本的にファミリータイプ?なのか、単身者は「たぶん」自分だけで、小さいお子さんがいるご夫婦が多いです。「たぶん」というのは恐らくということで、そんなことすら知らないくらい同じマンションの人との繋がりが希薄だってことなんでしょうね(>_<) そういえば、お一人も名前がわかりません(汗) 生活する上で支障は全く感じませんが、実は繋がっていないのは自分だけで、この人たちは自分の知らないところで輪が出来ていて「あの人何してる人なんだろうね?」とか噂されてたら…とかふと考えてみたり。う~ん、笑えるかも(笑) 地域社会に全く根付いていないことに一抹の不安を感じつつ、このペースを崩せぬ自分がいたりいなかったり…。ここに引っ越して早1年。せめていつも掃除してくれている管理人のおじさんの名前くらい聞いてみようかなぁとか思うGWも間近の昼下がりなのでした。。。 ということで、Apヒストリー185回目です! 2012年9月。 まだまだ夏の蒸し暑さの残る日曜日、渋谷で開催された学習塾経営者向けのセミナーに参加してきました。その名も「最強塾人スクール」!なんかスゴそう(笑)と思ったのと、わりと安めの値段設定ということもあって、いそいそと渋谷まで出向いたわけです。 講師陣は3名。それぞれの得意分野を活かした話をして下さいました。年齢的にもお一人を除いては長澤よりも若い感じで、爽やかな感じの方たちです。しかもちょっとイケメン(笑) 大事なんでしょうね、人前で話すにはそういう要素って。 内容的なことは今回は少し脇に置いておくとして、僕が興味を持った(アンテナに引っかかった)のは、セミナーというコンテンツビジネスそのものです。 失礼ながら、それまでこの講師の方たちのことは僕は全く知りませんでした。学習塾向けのコンサルタント会社やセミナーも、業界人ならだれでも知っているメジャーなものもいくつかありますが、今回はそうではありません。たまたま「塾」「経営」「セミナー」かなんかで検索したらヒットしたんだと思います、たしか。 これがただ単に「経営セミナー」だと焦点がボヤけます。『塾経営者』に絞り込むことで、このセミナーには誰に来てほしいのかが明確になります。 で、自分もその告知用のページに興味を覚えたんですね。「こんなことに困っているんじゃないですか?」「こんな問題を解決出来たら良いですよね?」…うまくこちらが興味を持つようなページの作りになっています。 その問題定義の仕方も、塾経営者やその類の人ならみんなが普段から感じていることだったりするんだけど、でもその解決策を自分だけではなかなか思いつかないよね~ってことにフォーカスしたものなっていて、「あぁちょっと話を聞いてみたらヒントがもらえるのかな…」と思わせるわけです。 実際のセミナーの内容も、ご自分たちの経験則から導いた話が中心。何か斬新なアイデアが飛び出すかというとそういうわけではなく、誰もが何気なく見過ごしがちなポイントを的確に、わかりやすい言葉と表現で話すわけですが、その切り取り方というか見せ方が上手いんですね。違う角度から見せられるから、全く新鮮なものを見ている気にさせられるのです。 また、一人の講師が全てを賄うのではなく、あえて分担制にするのも、その人がその分野に特化しているという演出もされているんでしょうね。上手いなぁと思いましたね。何か専門分野があるという人に弱かったりしますよね、人間て(笑) つまり、何か特別なことをやっているじゃないんですね。売り物にしているのはその人の 経験 なわけです。極論誰もが年数を積めば手に入るものです。でも、それをどう磨きあげて、魅せ方を工夫していくかで、お金を生むだけの価値あるものになるかが決まるわけです。 自分もこの世界で働いてこの時で丸16年。そろそろ仕事人としても折り返し地点を迎えるといったところです。自分が積み上げてきた経験を、ビジネスにまで昇華させられたら面白いだろうなぁ…。漠然とですが、そんなことを考えるキッカケになったセミナーでした。。。 To be continued…

Apヒストリー184

こんばんは。Apシステムの長澤です。 先週末行ってきました、セミナーズフェスタ2014! “あの”世界No.1コーチ、トニーことアンソニーロビンズのセミナーです。本当に濃密な3日間でしたね~。 詳しい内容は、帆足先生がいろいろ書いていくのだと思うので自分は特に触れませんが、やはり体感しないとあの感覚はわからないかもしれません。セミナーではなく『ショー』ですね、まさに。6,000人を巻き込むあのパワーとパフォーマンス、そしてわかりやすい簡潔な言葉で表現するそのセンス、どれをとっても圧巻です。人生が変わるかはその人その人で違ってくるとは思いますが、そのキッカケとしては十分過ぎるのではないでしょうか。 まさにブレークスルーです! 今回勢いで参加してみましたが、『世界一』に触れることが出来たという経験は、有形無形にこれからの自分に影響がある気がしています。あれから丸3日が過ぎましたが、何回も体験したことを反芻(はんすう)しています。 参加していた方ともたくさんお話しさせて頂きましたが、皆さん前向きでエネルギーのある素敵な人たちばかりで、そういった方と繋がれたことだけでも、自分の人生に間違いなくプラスになると思います。 日頃「塾業界」という狭い世界にいるだけでは、気付かないことや見えないことがたくさんあります。異業種の方とお話しすることで、そしてその人たちから様々な刺激を受けることで、自分のキャパシティが広がるんだと思います。これからのTriple Winに還元出来るようにしていきたいですね~。 そうそう、この2泊3日の小旅行。帆足先生とは同じホテルの同じ部屋。これだけ長い時間を同じ空間で過ごしたことって、出会って5年、ほとんどなかったように思いますが、ベクトルを合わせるという意味で、これもまた良い経験でしたね…(^^)  では、Apヒストリー184回目 です! 2012年9月。 業界的には夏期講習も終えホッと一息…といったところでしょうか? Apシステムは、ここから次年度に向けて新規の提携塾の開拓に乗り出す時期です。ここまでの流れとしては、大体このあたりからDMやら日頃のお付き合いの中で興味を持って下さる塾が出てきて、高校生部門をすでにやられているのであれば、デモ授業をして頂いたり、そのままその生徒さんをApシステムに切り替えて頂いたりで、次の3月に新高1生を獲得する先鞭をつけていくの感じです。 提携教室を募るようになって丸3年が経ったこの頃、僕たちはもう一つの強力な販促ツールがいつの間にかそこにあることを実感することになります。それが『口コミ(紹介)』です。 この年から、川崎市内に7教場を持つ中堅学習塾と一緒にやらせて頂いていましたが(このブログにも何回か登場済み)、ここの塾長先生の神奈川県内の塾の先生方への影響力は、ホントにスゴいです。ハンパないってまさにこれのこと。 この時も、神奈川県の有力学習塾の経営者の方が集まった場で、たまたまこの先生がApシステムを導入して高校部をしたことをお話しされたらしいのですが(しかも雑談レベルで!?)、その直後にもう2塾の先生から連絡があったらしく「興味あるみたいだから電話してみなよ~」と軽いタッチで促され、その場で先方に電話をすると、あれよあれよで初回訪問の日程まで決まってしまいました。今ではこの2塾とも大切な提携先になっています。 それにしても、自分も帆足先生もビックリです。これが真正面から営業をしたところで、話を聞いて頂くところまでもかなりのハードルが待ち構えていたはずです。それが信用のある先生が一言添えてくれるだけで、状況は劇的に変化するんだから、ホント恐るべしですよね。 ただし、逆もまたしかりで、影響力のある人がマイナスのことを言えば、それもすぐに広がっていくわけです。世の中にある無数の商品(人も同じかも)と言われるものも、実際に手にとって触れてみて善し悪しを判断する以前に、噂や口コミといった段階で勝負が決まってしまっていることの方が多いのかもしれません。Apシステムも広がれば広がるほど、そういったものの影響を受けやすくなるわけです。 そして、ここで一番重要なのは、それを 誰が発信したか なんですね。今回の件も、この先生でなければそこまでトントン拍子に話が進まなかったかもしれません。自分たちのキャスティングボードを握る、影響力のある人を味方につけることの大切さを学んだのでした。。。 To be continued…

Apヒストリー183

こんばんは。Apシステムの長澤です。 先日日曜日、長澤が所属する社会人サッカーチームのリーグ戦が開幕しました! ここから約半年間、日曜日を中心に開催されますが、この時期は仕事の都合で日曜日が潰れることが多く、昨年は飲み会以外ほとんど参加していない長澤ですが(苦笑)、今年は開幕から参戦です! …が、前日は夜から雨。グラウンドコンディジョンが悪いと即中止になるアマチュアサッカー故に、「こりゃあ中止だろ」と勝手に決め込んで深夜に飲酒。朝6時半を回っても連絡がないので、とりあえず会場に行くと、西の方は晴れてるじゃないですか!? 神奈川県て東西に長いんだなぁ…って妙に感心している場合じゃなく、準備不足のままキックオフです(>_<) 地域の趣味の社会人サッカー(しかも自分が最年少のシニアリーグ)ですが、やる時は皆真剣なので、日頃から定期的に運動しているわけではない長澤には結構ツライのであります↘↘ 50歳過ぎのお腹が出ている先輩の方が動けたり。悲しくなりますね~。 自分でプレーするたびに思いますが、僕より上の年齢なのに現役プロ選手でい続ける三浦カズ選手は、ホントにスゴいとしか言いようがありません。自分も、どうにかこうにか今回フルタイム出場を果たしたので、次は2年越しの目標のゲット・ゴールですね(笑)  まぁ、次いつ参加出来るかわからないのですが、身体が言うこと聞くうちはサッカー続けのられたらいいかなぁ。でもそろそろもう少し緩いスポーツを始めようかなぁと、あれこれ思う春なのでした。。。 では、Apヒストリー183回目 です! 2012年9月。 自分を育ててくれたエース・セミナーが、その30数年の歴史に幕を下ろしましたが、その後日談をお話ししようと思います。 その時点で3教室稼働していましたが、どの教室も閉鎖の方向で話が進んでいたのではないかと思います。しかし、その中で1人「自分にやらせてほしい」と名乗り出た先生がいました。それが、長澤と同期のF先生です。 彼とは入社が3ヵ月違いで年齢も一緒(誕生日は6日違い)ですが、自分とは塾講師としても、人間的にも全然タイプが違いましたね。とにかく可愛くない(笑) まぁそう言ったら怒られるかもしれませんが、上手く世の中を渡っていくというタイプではなく(いわゆる出世するタイプではなく)、自分のやりたいようにやるタイプですね。だから敵も多いんだけど、味方になる人はホントに心底彼を慕ってくれるみたいな感じで、八方美人な自分とは正反対!?  先生としての実力はピカイチで、成績も抜群に上げられるし、生徒アンケートも長澤とワン・ツー・フィニッシュなことが多かったですね(当然彼が1位のことが圧倒的ですが…)。別の教室に配属されていても、常にその動向がお互いに気になる、そんな存在でした。 なので、普段から仲が良いかと言えば全くそんなことはなく、同期と言ってもライバルだと思ってたと思いますね、お互いに。一度飲み会の席かなんかで「お前いつも爽やかでムカつくんだよ!」って言われた時は、怒るのを通り越して笑えました(笑) そうかと思えば、入社3年目に彼が一度退職したことがあって(その後復帰)、その最終日も、別に送別会なんかやるわけでもなく「じゃあね」くらいで終わったのですが、夜中僕の社員寮の部屋に突然やってきて「あなたがいたから今まで頑張れた」と言って涙を流したり。そういう人でしたね…懐かしいです。 そんな彼が、この土壇場の局面で大きな決断をしたわけです。自分で新たに教室を借りるために奔走し、保護者の方に頭を下げ、スタッフを牽引して、1週間後のは新たな教室をスタートさせたんです。その行動力には、ちょっと感動しましたね。あぁこの人はホントにこの仕事が好きだったんだなぁって思いました。 全くタイプが違う彼ですが、僕が先生として最も優れているところ、そして可愛げがない彼のことを、僕が応援したいと思えるところ、それは彼の考えや行動の全てが 生徒のため だということです。これを本当に感じさせる先生って、数ある塾の先生の中でもそうそういない気がします。あの状況でも生徒・保護者が彼についてきた理由はそこですね。 あれから2年。今もこうして、自分たちを育ててくれたエース・セミナーのDNAが受け継がれていっています。自分も頑張らなきゃなと思います。。。 To be continued…

高校生のみんなへ送る新着記事

成績Ap講師紹介

ブログを更新している成績Apの講師たちを紹介します

現役高校生のための『成績Ap』 のスタッフ5名(武田・岡村・齋藤・長澤・帆足)が曜日持ち回りで当ブログを日々更新。

曜日ごとに担当が変わります

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%数学担当帆足先生

帆足 二郎先生
数学担当

高校生専門塾成績Ap代表。
若者に厳しい世の中、そんな状況に負けない覇気あるやつを育てたい!!

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%英語担当 長澤D大輔

長澤 大輔先生
英語担当

系統だった英文法はわかりやすいと好評。淡々とした口調にも厳しさがにじみ、生徒の心を離さない。

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%英語担当齋藤一憲先生

齋藤 一憲先生
英語担当

歯切れの良い講義と物言いで飽きない授業に定評あり。カラフル板書とハイテンションでやる気アップ!

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%現代文・古文担当武田先生

武田 奈未先生
古典担当

源氏物語と徒然草をこよなく愛する古典学者。漢文にも精通。「古くを知りたいならまずは文法!」が持論

現役高校生応援塾 成績Ap

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%

神奈川県の海沿いの二宮に本部を持つ『高校生応援個別学習システム成績Ap』の公式ブログです。

学校成績を上げるため、35種類あるすべての学校英語教科書に対応する授業を展開しています。

成績を上げたい高校生と保護者の方。

高等部を立ち上げたい学習塾の方。

いろいろな方の役にたちたいと、日々頑張っています。

特に、学習塾を運営している方、初期投資0円、リスクなしで高校部を立ち上げることができるので、
0120-62-4714(浪人しないよ!)
長澤・齋藤・岡村・帆足まで連絡ください。