成績ap講師たちから高校生の君へおくるブログ

カテゴリー:Apヒストリー=長澤

Apヒストリー182

こんばんは。1日遅れで更新^^;  齋藤先生と順番が入れ替わったApシステムの長澤です。 4月に入りました。街には明らかにそれとわかる新入社員の若者が溢れています。実際は新入社員ばかりが異常に多いわけもなく、目につくから溢れているように見えるんでしょうね~。 それにしてもあの初々しさ、ハツラツとした雰囲気はいつ見ても良いですね。40過ぎの中年には時に眩しかったりも(苦笑)男女問わず、なんとなくスーツに着られてる感が“新人”ぽさを引き立たせています。 今が一番ヤル気に溢れているところなんでしょうね。思えば大学卒業時は教職一本に絞っていた長澤は、いわゆる「就活」「新入社員」「リクルートスーツ」…みたいなものを経験したことがありません。当時は…バブル崩壊を経て厳しい就職戦線を闘い、やっとこ就職した同級生が「新入社員」として社会に旅立つのを横目に、その年の採用試験に向けてバイトしながら勉強してましたね↘↘ 今思えば、一度はやってみたかったなぁ…新入社員。高校、大学の入学自覚そうですが、スタートラインに並んだ時のあの高揚感、なんでも出来そうなあの感覚。ましてや初めて「社会」に出るわけです。緊張した面持ちで電車に揺られる彼らも、その気持ちをしっかり噛みしめて、これからの長い長い社会人生活を歩んでいってほしいなと思います。 Apシステムも、4月新たに新高1生を迎えます。新社会人に負けないくらいのピカピカの1年生と一緒に、我々もさらにパワーアップしていきたいと思っています! では、Apヒストリー182回目です! 2012年8月。 忘れもしない月末30日。まだまだ蒸し暑さの残る中、外回り中1本の電話が入ります。1年半前、Triple Winを立ち上げるまでお世話になっていたエース・セミナーのW社長でした。 「今日話があるんだけど、時間取れないかな?」 その後の予定をやり繰りし、帆足先生と伊勢原の教室に向かいました。 「エース・セミナーは閉じることにしたから」 全く聞いていなかった自分には、まさに寝耳に水。昨今の学習塾業界の事情を考えればそれも止む無しという状況でしたが、それでもやはり自分にとっては大きな、大きな出来事です。言葉になりません。。。 右も左もなんにもわからなかった自分が、なんとかこの仕事で食べていけてるのも、今現在幸運にもやりたい仕事が出来ているのも、そして僕たちのApシステムが今存在しているのも、すべてエース・セミナーとW社長なしではあり得なかったことです。 感謝の気持ちを常に持つことは大切だと思いますが、心底この人には頭が上がらない、感謝してもしきれない人って、人生で何人出会えるかと言ったらホントに数えるほどだと僕は思っています。W社長は間違いなくその一人ですね(いつも力を貸して下さるペンゼミの工藤先生、そしてもちろん、当時まだ何者かもわからない自分を拾い上げてくれて、ビジネスパートナーに選んでくれた帆足先生も僕にとっては同じです)。 時の流れは残酷です。どれだけ優れたビジネスモデルでも、完全無欠の経営者でも、いつか表舞台から降りる時はやってきます。 それでも創業者として30年間会社を続けてきたことがどれほど凄いことかは、自分なんかにはまだまだその重みがわかっていないのかもしれません。いや、わかっていないですね、全く。その景色は、そこまで到達した人にしか見えないものなんだと思います。だからこそ、そこを目指す価値があるのではないでしょうか。 あれから約2年。 普段仕事面でワガママを言ったりはしていない(つもり!?)の長澤が、唯一ワガママを通させてもらっていること。それがAce seminarとPencilゼミナールから取った “Ap”の名前 だけは残したいということです。 今はW社長にお会いすることもありません。それでも、自分たちが頑張ってApシステムが大きく成長すれば、それが唯一の恩返しになるのかな…と思っています。このブログも、どこかで読んでくれてたりすれば嬉しいのですが。。。 To be continued…

Apヒストリー181

こんにちは。Apシステムの長澤です。 更新が遅れました。凡児徹底にしがみつくべく(苦笑)、なんとか1日遅れの更新です。 さてさて3月ももうすぐ終わりです。今日は陽気も良いので、ホント「春」な感じです。現在通りに面した川崎の○ックでこのブログを書いていますが、街中を歩く人も心なしか明るい色の服を着ている気がしますね~。 日頃外を出歩いていることが多い自分は、やはり道行く人々の服装に季節を感じることが多いかなと思います。せっかく四季のある国に生まれて生活しているわけですから、何かしらでそれを楽しむ心の余裕を持ちたいものです…。 と「お・も・い・つ・つ」毎度気付いたら「もうサクラが散ってる!?」「まだ海に行ってないのに夏が終わった!?」「ついこの前コンビニで“秋味”のビールが出たなぁって思ったらすでに“冬物語”になってた!?」etc. これって自分だけかと思うと実はそうでもなくて、英語でも春が来たは「Spring has come.(春はすでにやってきている)」と完了形で表現するくらいなので、やっぱり季節って、気付いたら来ちゃってた!?ってノリなんでしょうね、昔から(笑) 今年も未だに春らしいイベントもしていないので、同じ過ちを犯さぬよう、今からスタンバっておきたいと思います! では、Apヒストリー181回目です! 2012年8月。 前々回の続きになります。 学習塾活性化セミナーの講師を探していた僕は、ネット検索でヒットした学習塾専門のコンサルタント会社にメールを送りました。「これこれこういう趣旨で講師の方を探しています。云々…。」で、例の電話がくるわけです。ちょっとドスの効いた低音の声で「おたく誰?」 こちらから依頼をしたにも関わらずこれですからね。さすがの長澤も度肝を抜かれるとはこのこと。メールを送った趣旨をお話しして再度お願いしてみます。 「ふ~ん、そういうことね。うちの○○に頼めば△△円、俺がやるなら□□円だから。考えてみてよ。」 って、依頼したのはこっちなのに(あくまでも顧客のハズ^^;)、終始タメ口のこの人はいったい何なんだ!?と、頭にいくつもの「???」が残る状態で電話は切れました。思えばこれが、その後Triple Winとも深く関わってくるNさんとの出会いでした。インパクト大でしたね~(笑) ここから話はトントンと進んでいき、そこのI先生に講師の依頼をすることになりました。これがまた偶然ですが、その方帆足先生の高校の後輩ということが発覚(笑) それもあってか、快く講師の依頼を引き受けて下さいまして、無事4回目の活性化セミナーの準備を進めることが出来たというわけです。 この件でも、縁や繋がりって、どこからどう繋がっていくかホントわかんないなぁって思いましたね。ネットって、使い方を間違えるとマイナスな面も確かにありますが、さっきまで(それもほんの数秒前まで)全く知らなかった者同士が繋がることが出来て、しかもそれが次の仕事に繋がったり、大きなビジネスチャンスになったりするわけですから、やっぱりスゴいツールですよね。 この出会いから、僕たちもその後思いもよらぬチャンスが巡ってくることになります。仕事ってつくづく 人の繋がり で成り立っているんですね。。。 To be continued…

Apヒストリー179

おはようございます。Apシステムの長澤です。 3月に入りましたね。春の訪れも感じられる今日この頃です。 この時期はテキストの搬入等もあり、長澤は車移動が多いです。神奈川県の主に東側をくまなく日々走っていますが、特にこの一週間は横須賀方面に行くことが多かったですね(今日も行ってきます)。 混み混みの保土ヶ谷バイパスを抜けると、横浜横須賀道路(通称「横横」ですね)はほぼノー渋滞で、ストレスフリーで走れます。三浦半島の海岸線を走っていると、思わず仕事で来ていることを忘れてしまいます。「海沿い・ドライブ・サザン」40代には鉄板です(笑) そんなウキウキな気分も束の間。いよいよ来週からは新高1生の4月からの継続受講へ向けて本格的に動き出します。我々にとっても、提携先の先生方にとっても気を揉む一週間となりそうですが、「Apで次の3年間も頑張ろう!」と思ってもらえるように、こちらも気を引き締めて頑張らねばと思っています。 それにしても、FMヨコハマが聞けないのは、いただけないぜ横須賀!? ということでApヒストリー179回目 です! 2012年8月。 その後の我々の行方を左右する出会いが、また一つ生まれます。 夏真っただ中のうだるような暑さの中、夏期講習も後半を迎えようとしていましたが、僕たちは9月に開催する予定の「地域密着型学習塾活性化セミナー」の講師探しをしていました。 ここまでは船井総研のコンサルタントの方、そして神奈川の塾人であれば誰もが一目置いている提携先の塾長先生と、自分たちの周囲にいる方の中からやって頂けそうな方にお願いするというやり方でしたが、そうそう持ち駒があるはずもなく(苦笑)「次どうしようか~」という状態でした。 塾の先生方が効いてためになる話、自塾の活性化に繋がるヒントをもらえる話…簡単そうで結構難しいですよね?もっと大きな括りでの経営の話や自己啓発の話であればいくらでも(というと語弊がありますが)候補はありそうなものなのですが、「業界」「年齢」「役職」etc.を絞って、そこにフォーカスした話をピンポイントで出来る方って…思いつきません(笑) ただ、開催することは決めてしめているので、期日は確実に迫ってきています。困った長澤は、とりあえずそれっぽい人を探してみようとwebで検索を始めました。 いやぁホント便利な世の中になりましたよね(笑) 自分が何を探して困っているのかがわかっていれば、検索エンジン一つで欲しい情報にアクセス出来るんですから。この時も「塾 セミナー 講師云々」かなんかで検索したんじゃなかったかなぁ。そうするとヒットするんですよね、数々。 で、そうすると見えてくるわけですね。あぁこういう業種の人がこの分野には強いんだとか、こういう人がこういう仕事を請け負ってるんだとか。その中で僕の目に留まったのがあるコンサルタント会社でした。しかも 学習塾専門 の。名前は聞いたことがあったし、実際にコンサルタントを依頼したことのある先生も知っています。が、長澤は全く面識もありません。ただ、何もしないと始まらないので、とりあえずメールをしてみることにしました。これも便利ですね~。電話だったらそのハードルは一気に100倍くらいになりますからね(>_<) で、自分がこういうことで困っていて、こういう趣旨で一日講師をお願いしたいという旨を書き連ね、送信。 すると、2~3日後見知らぬ番号から着信が。 「もしもし○○の△△だけど。おたく、誰?」… To be continued…

高校生のみんなへ送る新着記事

成績Ap講師紹介

ブログを更新している成績Apの講師たちを紹介します

現役高校生のための『成績Ap』 のスタッフ5名(武田・岡村・齋藤・長澤・帆足)が曜日持ち回りで当ブログを日々更新。

曜日ごとに担当が変わります

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%数学担当帆足先生

帆足 二郎先生
数学担当

高校生専門塾成績Ap代表。
若者に厳しい世の中、そんな状況に負けない覇気あるやつを育てたい!!

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%英語担当 長澤D大輔

長澤 大輔先生
英語担当

系統だった英文法はわかりやすいと好評。淡々とした口調にも厳しさがにじみ、生徒の心を離さない。

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%英語担当齋藤一憲先生

齋藤 一憲先生
英語担当

歯切れの良い講義と物言いで飽きない授業に定評あり。カラフル板書とハイテンションでやる気アップ!

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%現代文・古文担当武田先生

武田 奈未先生
古典担当

源氏物語と徒然草をこよなく愛する古典学者。漢文にも精通。「古くを知りたいならまずは文法!」が持論

現役高校生応援塾 成績Ap

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%

神奈川県の海沿いの二宮に本部を持つ『高校生応援個別学習システム成績Ap』の公式ブログです。

学校成績を上げるため、35種類あるすべての学校英語教科書に対応する授業を展開しています。

成績を上げたい高校生と保護者の方。

高等部を立ち上げたい学習塾の方。

いろいろな方の役にたちたいと、日々頑張っています。

特に、学習塾を運営している方、初期投資0円、リスクなしで高校部を立ち上げることができるので、
0120-62-4714(浪人しないよ!)
長澤・齋藤・岡村・帆足まで連絡ください。