成績ap講師たちから高校生の君へおくるブログ

カテゴリー:チューターブログ!

勉強するにあたって…

ついにブログを書くことになってしまいました中央大学法学部3年の杉山顕徳です。 元々はペンゼミ伊勢原校、今は多摩英数進学教室の読売ランド前校(たまに新百合ヶ丘校)で業務をさせてもらっています。 老け顔のためか、ランド校の生徒には大学4年生と間違われているのですが、面白いので訂正していません 笑 私は就活に突入するためもう業務に入れなくなると思いますが、日ごろ感じていることを書かせてもらいます。 指定校で合格やAOでの合格という声が聞こえてくる時期になったため、ちょっと「脅して」おこうと思います。 指定校やAOで合格した生徒は決して気を抜き過ぎないでください。「今さら言うな」と思うかもしれませんが、成績Apが推奨している指定校合格にもデメリットがあります。 それは、①基礎学力がないまま進学するため、大学での留年率が一般入学の生徒に比べて高い(特に国立や理系)こと②「基礎学力がない」と先入観を持つ企業からは、就活の際にエントリーシートの段階で指定校入学者を落とす(数自体は少ないですが…)ことなどです。 ②はどうしようもないですが、①に関して言えば、高校を卒業するまでの間、最低限のことを勉強するだけで回避ができます。 ほんのちょっとだけでいいので、指定校・AOで合格した人も勉強して基礎学力をつけましょう。 高校1~2年生で大学のイメージがまだ湧いていない生徒は自分のやりたいことを見つけて、それができる学部(大学ではありません)を探しましょう。 偏差値の高い大学がよい大学というわけではありません。難しい大学でも勉強をサボろうと思えばいくらでもサボれるのが大学です(特に私立文系)。でも、遊びまくっていては就職のときに………地獄を見ます 笑 どうせ4年間勉強するのなら、偏差値の高い大学で興味のない分野の勉強をするより、自分に合った大学で興味のある勉強をした方がずっと良いと思いますよ! 大学は自分の好きなことに打ち込める最後の機会です。目的意識を持って常に挑戦をするといいと思います。私は、バイトにサークルの運営に、インターンシップに、被災地のボランティアに、大学ではゼミに3つ入って勉強しつつ、今は公務員試験の予備校にも通っています。(もちろん恋愛も 笑) ぶっちゃけ、オフの日なんてありませんが本当に充実した大学生活です! 生徒の皆さんは夢の大学生活を目標に勉強をしてくださいね 笑  もし、何か聞きたいことがあったら、生徒も他のチューターさんも自分に連絡をくださいね。 なんか、上から目線のブログになっている気がして自己嫌悪しつつ、筆を置きたいと思います。 長文、失礼しました。

直感を大切に

はじめまして! 私は主に多摩英数進学教室中野島校のチューターをしています、木村です。高校生の皆さんに伝えたいことは色々ありますが、今回は進路について書こうと思います。 皆さんがこれから進路を決める上で一番最初の分かれ道となるのが文理選択です。私が通っていた高校は2年生からクラスが文理で分かれるので、1年生の後期には大まかな進路を決定しなければなりませんでした。高校に入学してまだ半年しか経っていないのに、そんなこと分かる訳ない…正直そう思っていました。そこで私は、理科の実験が”なんとなく”好きだからという理由だけで理系の道を選択しました。 今思うと安易な考えで自分の進路を決めてしまったなとは思いますが、この”なんとなく”は間違っていなかったと思っています。それは大学生になってから強く思いました。今私は理系の大学に進み、化学を専攻しています。遅くまで実験をしたりレポートに追われる日々はとても大変ですが、実験が好きだという純粋な気持ちを今でも持っている私にとって大学生活は決して苦ではありません。むしろ色々な発見のある化学実験はとても楽しいです。 皆さんがこれから色々なことを学んでいく上で、興味を持つことはたくさんあると思います。その中でも「楽しいな」「好きだな」という直感を大切にしてほしいです。 本を読むのが好き、人と話すのが好き、運動するのが好き…何でも構いません、あなたの好きなことを見つけて下さい。 好きなことを職業にするのは決して簡単なことではありません。しかし、好きなことなら続けられます。ですから皆さんには好きなことを好きなだけ追究できる大学に進み、充実した大学生活を送ってほしいと思います。 皆さんが希望の大学へ行けるよう、これからもサポートしていきたいと思います!

こんにちは

どうもこんにちは。 主に中野島校を担当している角 和暁(すみ かずあき)です。 高校生に伝えたいこと、というと僕だって皆さんとそんな歳も違わないし偉そうな気もしますが、ここは一つ僕の大学受験のお話をしたいと思います。 突然ですが、皆さんは何のために大学に行くのですか?明確な理由がありますか? ないんだったらさっさと勉強なんかやめてしまえ、、、、とは言いません。 僕だって確かな動機をもって今の大学に通っているわけではありませんからね。 ただ高校生の頃は なんで俺は大学に行くんだろう?親が行けというからか?就職に強くなるから? とアホな頭なりに真剣に考えました。 大学に行く意味が分からなかったので、一時は進学しないつもりでもいました。 それでも大学に行こうと決めたのは二年の冬。 大学受験って、自分をかなり成長させることができるんじゃないか? これはチャンスだ! と思ったのです。 あれだけ悩んでおきながら、なんとも妙な理由で納得したものだなぁと思います。 だけど自分で納得できる解答を導いたので、目標を定め、勉強を始めました。 しかし決意はあってもそれに見合う努力がないといけませんね。さらにその努力を効率的な勉強方法に注ぎ込むことが必要です。いくら頑張っていても効率的でなければ時間の無駄ですからね。いいですか勉強で大事なのは復習ですよ、復習。 決意と努力は皆さん次第です。そしてチューターの仕事は、生徒の努力を効率的な勉強に仕向けるお手伝いをすることだと思っています。 皆さんは部活で多忙を極めている様子がよく見受けられます。本当に素晴らしいと思います。 正直僕は、勉強はやりたくなったらやればいいと思っています。 主体的な学習でなければ身にはつかないし、はっきりいって時間の無駄です。それだったら自分の好きなことをしていればよいのです。ゲームでも漫画でも本を読んでていてもいいですよ。 しかしこの塾に来ているからには限られた時間の中で、最高の学習時間を過ごすべきです。 この塾に通うために、皆さんの保護者の方々が働いて得たお金が使われていることをよく考えましょう。 価値のある大切なお金に見合うだけの時間を、この塾で過ごしてください。 そのためにはチューターでもなんでも利用できるだけ利用しましょう。こちらは、そのための労力は全く惜しみませんからね。 最後に、受験生の生徒へ。 非常に厳しい季節に突入したことかと思います。その苦しみはよく分かります。 僕が今通っている大学の試験を終えたときに考えていたことは ○○大学はここまで自分を成長させてくれた。ここまで来たら受かっいても落ちていてもどっちでもいいや。 という思いです。大学に敬意を払いたくなったのです。なんだかカッコつけててアホっぽいですね。 でも、いつでも今が正念場です。悔いのない努力をしてください。

高校生のみんなへ送る新着記事

成績Ap講師紹介

ブログを更新している成績Apの講師たちを紹介します

現役高校生のための『成績Ap』 のスタッフ5名(武田・岡村・齋藤・長澤・帆足)が曜日持ち回りで当ブログを日々更新。

曜日ごとに担当が変わります

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%数学担当帆足先生

帆足 二郎先生
数学担当

高校生専門塾成績Ap代表。
若者に厳しい世の中、そんな状況に負けない覇気あるやつを育てたい!!

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%英語担当 長澤D大輔

長澤 大輔先生
英語担当

系統だった英文法はわかりやすいと好評。淡々とした口調にも厳しさがにじみ、生徒の心を離さない。

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%英語担当齋藤一憲先生

齋藤 一憲先生
英語担当

歯切れの良い講義と物言いで飽きない授業に定評あり。カラフル板書とハイテンションでやる気アップ!

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%現代文・古文担当武田先生

武田 奈未先生
古典担当

源氏物語と徒然草をこよなく愛する古典学者。漢文にも精通。「古くを知りたいならまずは文法!」が持論

現役高校生応援塾 成績Ap

【高校の授業がまるわかり】 完全学校対応の個別指導が、あなたの近くで受けられます。現役合格率100%

神奈川県の海沿いの二宮に本部を持つ『高校生応援個別学習システム成績Ap』の公式ブログです。

学校成績を上げるため、35種類あるすべての学校英語教科書に対応する授業を展開しています。

成績を上げたい高校生と保護者の方。

高等部を立ち上げたい学習塾の方。

いろいろな方の役にたちたいと、日々頑張っています。

特に、学習塾を運営している方、初期投資0円、リスクなしで高校部を立ち上げることができるので、
0120-62-4714(浪人しないよ!)
長澤・齋藤・岡村・帆足まで連絡ください。