塾の主役はだれだ?

2023年01月30日(月)

みなさん、こんにちは。運営責任者の齋藤です。

今日は塾の「主役」について書きます。最近、新聞折り込みチラシで塾のチラシを目にする機会が多くて気になりました。

改めまして、「 塾にとっての主役は誰」でしょうか?

 この質問に多くの方は「生徒」とお答え頂けると思います。

 私もそう思っています。

 

でも、一見すると当たり前のようなこのお話ですが、実はそうでもなかったりします。

 塾が主役になっているケースがないか?

 生徒ではなく、塾が主役になるケースをたまに見かけます。

 カリスマ講師

 絶対的な合格実績

 成績保証

そういったものは塾が主役になってしまい、肝心の生徒が置き去りにされたPRのような気がします。

 成績を上げるのは「生徒本人」のはずです。

 どの学校を受けて合格したいかは「生徒本人」が決めることです。

(自分を過小評価している子に、しっかりと希望を持たせることは塾がやりますが)

 塾が主役になってしまう事で、私が一番良くないと感じている事があります。

 それは「答えがあると思ってしまう」という事です。

 ○○先生の言う通りにすれば良い事がある

 当塾のやり方に従っておけば大丈夫

 

生徒が100人いれば100人なりの個性があり、人生があります。

 「絶対の答え」なんてあるはずがないんです。

 「自分の答え」を自分で見つける。その頑張りを全力で支えるのが塾の在り方だと思っています。

と言うことでいつになく熱くなってブログ記事を書いてしまったので、このネタ、来週も続けます。

(毎週月曜日にできるだけ更新)

小田急線小田原線愛甲石田駅より徒歩7分 県立伊志田高校正門そば「やる気を育てる」「希望校実現塾」ペンシルゼミナール成瀬校でした。

ブログ

宿題「暗記」→次回確認「小テスト」

2023年01月23日(月)

みなさん、こんにちは。運営責任者の齋藤です。

冬本番で神奈川県も寒さが本格化してきました。

ペンシルゼミナールの生徒たちは寒さにマケズ、元気よく学習に向かっています。

もちろんコロナやインフルエンザにもマケズに!

さて、本日は英語の授業でのひとコマを。

中学生の英語って、苦手な人が多いんです。これは今も昔も変わらない。そんな気がします。

覚えていない、意味を知らない、そもそも覚える(暗記)が苦手‥。などなどの理由で。

どんな言語においても単語って「文」を構成する上での最小単位といえます。

単語、知らないと、その先の「文」ましてや「意味」などには辿り着きにくいですよね。

ですので、ペンゼミ成瀬校では英語授業で学校の教科書に合わせて「単語テスト」などを行います。

(勿論「暗記」は宿題。他の科目でも「暗記」の宿題→次の授業の冒頭で「小テスト」を行なっています。)

多い時は1回のテストで40問前後の単語テストになりますが、これをこなせるかどうかは英語に対する姿勢に関わっているようです。

「塾の授業」というと、「わからないところを教えてくれる」というイメージをもってらっしゃる保護者の方も多いと思いますが、実はこういう細かい「勉強の管理(暗記をいえでやる)」とか、「その確認」などで成績が上がることも多いんですよ。

ペンゼミ成瀬校はその「細かい指導」も怠ることなく実施しています。

最後に、学校での「英語」で好成績を修めるには単語が肝ですね。

また、他の科目でも同じことが言えますが「暗記」という作業は共通して必要です。しっかりと取り組みましょう。

ブログ

大学入学共通テストで受験シーズンInです!

2023年01月16日(月)

みなさん、こんにちは。運営責任者の齋藤です。

1/14(土)・15(日)と「大学入学共通テスト」が実施されました。

(大学)受験シーズンの本番がスタートです。

まず「大学入学共通テスト」→「センター試験」→「共通一次試験」と遡ると、世代がわかりますね。

「受験シーズンの本番」とさきほど書きましたが、大学入試において実はもうほとんど終了している入試もあります。

それが「総合型選抜」「学校推薦型選抜」と言われる、いわゆる「推薦系」の入試です。

こちらも以前は「AO入試」とか「公募推薦」、「指定校推薦」などと呼ばれていました。

いやぁ、時代が変わると制度も変わりますね。

特に大学入試は世の中で求められる人材を育てる役割もあるので、社会の変化に合わせて「求める学生像」も変わります。

大学を筆頭にした様々な入試の中、「目的意識」をしっかりと持っていいただきたいですね。

なぜ、その学校に進学したいのか。

きっと様々な理由があっての事ですが、「形」にしてください。それがあなたの背中を強く押してくれる時がきっときます。

中学生の「面接シート」の内容を添削していて、今日はふと思いました。

小田急線小田原線愛甲石田駅より徒歩7分 県立伊志田高校正門そば「やる気を育てる」「希望校実現塾」ペンシルゼミナール成瀬校でした。

ブログ

冬期講習 絶賛実施中!

2023年01月05日(木)

2023年 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

1月4日から冬期講習が再開して生徒たちはすでに正月ボケもなくサクサクと学習をこなしています。お正月気分が抜けないのは意外と大人たちかもしれませんね。

さて、冬期講習は7日までですが、8日は中3生の最後の公立高校入試模擬試験(全県模試)があり、10日からは全学年とも通常授業が再開されます。コロナやインフルエンザも蔓延傾向にありますが、感染防止策を

しっかりと取ってアグレッシブに行動しましょう。

冬期講習中なので、あまり記事に書くこともないので今回はこの辺で。

ブログ

カテゴリー

講師のご紹介

運営責任者 齋藤 一憲

1993年より工藤学園(現 ペンシルゼミナール)にて講師生活をスタート。教科主任・各教室長を経て、2002年にペンシルゼミナール成瀬校教室長として教壇に立っていました。
2011年より高校生指導・教室運営を中心に行う(株)TripleWin に参画。これまで3000名以上の生徒指導の実績を活かして、これからの未来の生徒の教育にさらなる熱意を注いでいる。


成瀬校教室長 岡村靖雄

1995年より中学受験指導・個別指導・集団指導を経験しているので指導法、教材への知識も深い。これまで小学生から高校生までの幅広い子供の学力アップを助けてきました。「わかる」から「できる」への過程で、しっかりと寄り添う手厚い指導はお子さんの学力アップを確実なものにします。

ページ上へ